序章が終わり、始まる DAY235




気づいたら、久しぶりの更新になっていた。

こんなに間が空いたのはいつぶりだろうか、なんて思いつつ。

7月最後の3日は何もしないと決めていた。

携帯も必要な時以外OFF、仕事のことも考えない、人にも連絡しない。

↑7月最後3日返信激遅くてすみません!!(笑)

6月にフルパワーで目まぐるしいくらい新しい人にも会って、仕事にも様々な変化が訪れて、色々なことがものすごいスピードで動いていって。

だから、7月はほどほどにしようと思ってたのに!!!

結果フルパワーで更に多くの人に会い、もっとへとへとになっていた。

でも、こんなに休めたのはいつぶりだろうか!?というほど、リラックスできた。

だから結果オーライ。

そうしたらいつの間にか8月に突入していた。

早い、早すぎる。

日本に帰ってから3か月目に入ろうとしている。

この3か月で、どれだけのことがあったか、書ききれねー!!

ありすぎて、忘れた。

昨日は午前中に仕事がなかったので、コメダ珈琲にモーニング(大好きなやつ)しに行ってきました。

7月後半休んでいた分、仕事が溜まりに溜まっていて。

明日、午前中で終わらせるぞー!!

なんて思って、パソコン開いて、まずはHPの記事更新。

でも、なんか、集中できない。

目の前にパソコン開いてワード開いて、書く内容も決まっていて。

書き始めるけれど、なーんか、出来ない。

違うやらなければならないことがポコポコ頭に浮かび、それをしてしまう。

連絡とらなければならなかった人に連絡したり。

その日の夜の予定と資料の確認だったり。

ようやく終わって、(終わらせて)、ふと、「あ!!いち早くやらなきゃ!」と思っていたこと。

料金ページの改定。

でもね、それに伴って、一度全部リニューアルしようとふと思ったの。

ホームページを作ったとき、色々な塾のホームページとか、サイトを見て一生懸命文言を絞り出した。

それっぽい言葉を書いていた。

でも、なぜかそれにとっても違和感を感じた、昨日。

今までは、ホームページが出来たことの達成感で何とも思っていなかったのね。

でも、感じてきた、昨日。

またごちゃごちゃ頭で考えようとする。

何にもでてこない。

いやーーーー!!!

もう、考えるの、やめちゃえ!!

瞑想だ!!

考えることを、ストップした。

深く深呼吸し、目を閉じ、頭の中を空っぽにした。(という努力をした)

そうしたら、眠くなったけれど、本当に頭が空っぽになった。(気がした)

↑こんなことをコメダ珈琲でやる女、私だけだね

そしてもう一度深く深呼吸し、そのままその時思いついたことを書いた。

考えているようで、何も考えず。

シンプルに。

心に降ってきた言葉をそのまま書き記す。

全部で、何ページ変えただろうか?

トップページ、各コースページ、料金ページ、自己紹介ページ、塾についてのページ。

気づいたら、お昼過ぎて、4時回っとるやないかい!!

夜に、大事な大事なワイン会があるっちゅーのに。

でも、終わりました。

そうしたら、ワクワクがまた止まらなくなった。

ああ、私が伝えたいことって、これだよな。

それを、教育という自分の得意分野を通して人々に伝え、救うんだ。

しっくりきた。

まだ見ていない方は、是非覗いてみてください。

EFL英語塾のホームページはコチラ

序章が終わって、やっと、心新たに始まるときが来た。

そして、夜はワイン会。

有名代議士の方をはじめとする錚々たる顔ぶれ。

そこの進行表に、ウーマンフロンティアの名前、そして代表理事の田形さん、私の名前が記されている。

このあり得ないほど面白いところから、ものすごいご縁をいただき、感謝。

もちろん第一は情報交換と人脈づくりの場なんだろうけれど。

高級ワインも美味しくいただきました。

久しぶりのお酒、強さは健全。

でも、眠い今日この頃。

本当に大事な付き合い以外は、やめたい、と再確認。

この感じ、パリ以来、久しぶりだなあ。

この感じ、国境超えるのね。(笑)

なんて。

日本を、世界を動かしている、リアルを実際に見ている方々とご一緒させていただいて。

私はこの中で一番年下、キャリアも無い、学歴も無い。

でもさ、私は私なんだよね。

私は現場の人間で、目の前の生徒がそれで、未来への希望をもって生き生きとした人生を送ってほしい、その手助けに、人生をかけている。

これは、他者からどういわれようが、私を学歴だけで見てどう判断されようが、変わらない事実で。

だからこそ、そこは自分が自分であることに自信を持って挑むの。

驕らない、真っすぐな目をして、情熱を持つ。

経歴、学歴。

もちろん、大事。

でも、全て取っ払った時の人間でも勝負が出来るような人間でありたいと思う。

年齢=経験?

若い若い言われ続けて、私は何歳になるまでこれを言われ続ければいいのかしら?

と、ふと思う。(笑)

私が歳をとったときに、果たして自分がそう言う言葉を投げかける”大人”になるのか。

人生をかけて解き明かしていきたい。




この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

オンライン英語塾、EFL英語塾を経営。埼玉・東京一部エリアで家庭教師も実施中。英会話や英文法、学校補習を小学生から社会人まで全国幅広く指導。成績や偏差値だけで人間の価値は決まらない。英語を通して自分に自信をつけていく塾であるようにという想いから生徒と向き合っている。「私らしく、面白い人生を歩む」がモットー。