羽生結弦選手が色々イケメンで困る件 DAY113




今、日本ではフィギュアスケートの世界選手権が行われていますね。

私は10年以上前からフィギュアスケートが好きで,よくテレビで試合を観ていました。

羽生選手は世界ジュニア選手権の時から試合を見ており、今も尚ひそかに応援し続けています。

(もはや全国民、いや全世界が羽生選手のことを応援していると思いますが)

スケートリンクに立つとひと際目立つ存在感。

はあ、、、ステキ、、、、。

なのにオフはプーさんだし。

くぅ、かわいい一面も持ち合わせているなんて、、、!!

羽生選手は顔やスタイルもさることながら、やはりすごいのはそのスケートと精神性。

今日の朝、結果が気になり動画サイトで世界選手権のインタビューを観ていたら、羽生選手と松岡修造さんの過去のインタビューがオススメ動画として出てきたので観てみました。

彼はその中でこう語っていました。

「強さの秘訣とは、逆境である。」

オリンピック金メダルというフィギュアスケート界の頂点に2回も立ち、追う立場から追われる立場になった。

自分にはもうこれ以上、上はないけれど、これこそが自分にとっての逆境だ。

つまり、乗り越えなければならない壁である。

頂点を2回も極め、それでも目標を見失わずにモチベーションを保ち、精神コントロールをして高みを目指し続ける。

羽生結弦は一生、羽生結弦という存在を超え続けるのかも。

その精神性たるや。

因みに、落ち込むときはとことん落ち込み、自分の気持ちとリンクした曲を聴きながら号泣し、スッキリしたところで次へまた進むらしい。

気持ちの切り替え方や感情コントロールの仕方を知っている。

そしてまた、リンクに立つ。

もう!!かっこいいのは顔だけにしておいて!!!

と言いたいところだが、そこも全部含めた羽生選手だからこそ、あの素晴らしい演技をして日本国民、いや、全世界の観客をも虜にしてしまうのだろう。

人はそれぞれ直面する逆境は違う。

けれどもそこにどう立ち向かうかが大切になってくるのかな。

逆境の時って本当の学びがある。

彼によって今日は朝からそんなことを思わされ、また、「よっしゃ!私もやったるでい!」となる。(単純)

私の今の目標。

ホームページのブログ(受験情報)、100記事更新。

と同時にインスタグラムも毎日更新。

ひゃ~~。

今日も朝からレッスン、そして家事、そして従姉妹と電話をして一爆笑したあとパソコンに向かう。それからまた家事。

主婦業って仕事をしていると本当に煩わしくなる。

というか、彼が手伝ってくれればいいのにいつだって手伝わないんだ。

いつから女=家事掃除と言う概念が正しいみたいになったんだろう。

私だって忙しいんじゃ!

と、ひとりでプンプンしながらも、こなす。

でも、出来てる出来てる!

あとは、毎日コツコツと自分のペースを見つけて続けること。

最初だけ意気込んでも意味ないもんね。

よし!気合いを入れなおして!!

また進もう!

進むしか、ないよね。

羽生選手、そして田中選手宇野選手も!

世界選手権、頑張れ~~!!




この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

EFL英語塾を経営、埼玉県立高校入試専門の英語を教える英語講師。元々は塾講師のアルバイトをしており、その後念願であった留学カウンセラーとして働くが、教えることの未練が募り半年で退社、英語講師として生きて行きたい!と再確認。現在はパリ在住、パリにいながら高校必勝英語をオンラインで生徒に提供。「私らしく、面白い人生を歩む」がモットー。